アメリカで20数年の実績を持つ、電源不要のコアンダ効果利用の除塵スクリーンをご案内

技術資料はこちらよりダウンロード可能です

ELGIN社 日本語カタログ(PDF 約6.49MB)

(カタログ冊子をご希望の方は、問い合わせフォームよりお申し付けください、郵送いたします)

コアンダスクリーンの種類(PDF 約658KB)

コアンダスクリーンの設置方法(PDF 約1MB)

・渓流取水の現状と未来-コアンダスクリーンの歴史(PDF 約2MB)

・沈砂池の重要性-コアンダスクリーンと沈砂池や砂の関係について(PDF 約2MB)

世界的にコアンダがマイクロ水力発電に応用され始めたのは約20年前。

アメリカ・ELGIN社は確かな技術を持ち、経済性、最大効果、設置の容易性で世界各国で信頼されるコアンダスクリーンコアンダボックス を製作してきました。遠隔地に設置可能で、可動部分がなく、水の重力落下によりスクリーンがきれいに保たれます。

最終製品は非常にシンプルで、メンテナンスはほとんど必要ありませんが、これらのシステムの設計は決して単純ではありません。ELGIN社のエンジニアチームは、標準プロファイル、小水力専用設計、いくつかの単純な余水路設計を確立することにより、設置場所に対応できる設計を迅速に行い、短納期を実現しています。

カナダで稼働中のコアンダスクリーン 長さ61m、傾斜距離1.8m、取水量26.5トン/秒
上の写真場所で、嵐が過ぎ去った後の流木の状況写真です。コアンダスクリーンは耐えています。

河川の水、堰、農業用水など、自然に流れる水を小水力発電に使います

砂利、枯れ葉、木の枝、流木を原水から分離し、清水のみをヘッドタンクに送り込むシステムです。スクリーン洗浄は流れる水で自動的に行われ、電源不要です。

ENGIN コアンダスクリーンの性能とボックスの設置について、YouTube動画でご覧いただけます

設置例